@佐藤の事業再生徒然日誌

三日坊主の二日目

年初に決心したものの果たしてこのブログ、いつまで続くのやら・・・   クライアント先とある金融機関を訪問した時のこと、 金融機関の担当者はクライアント先の社長に対し、債権者としての要望・要請を話しているのだが、 …続きを読む

三日坊主

人はなかなか「普通以上」にはなれないもの。 常識や無理を超えたところに新しい世界があると判っていても、それができないのが人なのでは。   さてさて長いことお休みしていたブログも、新年の抱負として再開することに。 …続きを読む

平和

先日ある会合で自衛隊幹部、駐屯地指令の講演を聞く機会を得た。 まだ若いその指令、語り口も柔らかく、思想や思惑を交えない、客観的データに基づいたリベラルなものであった。 しかし客観的であるがため、少し背筋が寒くなるような話 …続きを読む

非情のマーケット

どんなに真面目に経営に取り組んでも、どんなに一生懸命コストダウンに励んでも、乗り越えられない壁もある。 日々の変化は小さく、日常では目に見えない変わりようなのだが、10年という年月には大きな社会変化となって現れてくる。 …続きを読む

過去

どんな人間も、どんな会社も過去にあったことを消すことはできない。   アベノミクスでとことん緩んできた金融環境、 それでも弊社のクライアントに恩恵が回ってくることは希である。 その会社、5年ほど前に「倒産寸前」 …続きを読む

1/612345... »