@佐藤の事業再生徒然日誌

みんなの党

このブログで政治のこと、特に政党のことを書く事はいかがなものかと思うのだが・・・。

私個人としては「みんなの党」を支持しているのだが、理由は渡辺よしみ氏が同じ高校のOBという簡単な動機。

ちょっと外れた?ファイティングポーズ、体制に対しての反骨、時期を顧みない発言、

政治家にしてはどうかと思うような口下手に、なんとなく共感するのは、

郷里が同じというだけではない何か土の匂いがするからかもしれない。

個人としての共感はさておき、党の掲げるアジェンダ(これってどこの言葉??)には大いに賛成。

最初のアジェンダ、「議員削減」これが良い。

国といえども一つの「経済体」。

収支が合わず、借金ばかりが増え続ける時、会社なら何から手をつけるのか。

つまりリストラの最初に手順、それは人員削減である。

どんな会社、経済体でも「人がいるから仕事が増える」。

その増えた仕事をこなすためにまた人を増やす。

こんな時は一律給与削減をしてもほとんど効果は出ない。

まずは「人」を減らすこと。

「人が減ると組織(会社)が回らなくなる」という言い訳を経営者からよく聞くが、

我々の経験から言っても「3割までの人員削減」ならほぼ通常通り、

それを超えれば多少の不便が起きる程度で組織は回る。

その上一人あたりの労働量が増え、忙しくなるので不平不満が減り、

時間を惜しんで一生懸命働くようにもなる。

あちこちで言われている「再生日本」、

そんな訳で「みんなの党」をよろしくお願いします。

 

 

 

 



コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です