@佐藤の事業再生徒然日誌

仲良きことは・・・

事業の再生、というか経営者の人生の再生を図るため、破産という手段を使うこともある。   病弱な両親を助けるため、大学進学を諦めて家業を継いだ彼。 もともとあった借入金の負担が重く、先月事業を辞めて「破産」を申請 …続きを読む

栄枯盛衰

CDが出来たことにより、レコード針のメーカーが日本中から一社を残してなくなってしまったのは、経営の本で有名な話。 技術革新や生活習慣の変化には、どんな名門企業も勝てないということの事例でよく言われている。 先日その話を彷 …続きを読む

敗者復活

淡い緑色の木々の中を、五月の爽やかな風が通り抜けていく。 この季節、冬にはすっかり枯れ色になっていた新緑の枝が、少し冷たさの残る風に吹かれるのを見ているだけで気持ちが良い。 会社も同じこと。 数年前に倒産寸前であった会社 …続きを読む