事業のご案内

tocその他のコンテンツ
- 4つの事業コンセプト -

1. 金融交渉やオペレーション経験が豊富

図:スタッフ全員が銀行員出身スタッフ全員が銀行員出身者、融資審査・融資管理部門の経験が豊富で、債権者側の担当者として中小企業の再生支援経験を数多く有しています。足利銀行在職時は企業再生支援を担当する「企業支援部」に所属、中小企業経営者や他債権者との支援交渉を取り仕切っていました。更に銀行退職後は中小企業の担当者として所属企業の再生実務を一手に引き受け、債権者側と実務交渉を行い成功させた経験があります。

中小企業の立場から「資金繰りがあっての事業再生」と言う事も充分理解しており、当社と契約して頂いた場合、まず資金繰りの安定から業務を進めます。銀行・リース会社は元より、仕入業者への支払交渉等、経営者と関係先へ同行、顧問先の資金繰りが破綻しないよう足元を固めるのです。

このような場合、銀行や中小企業での経営管理業務経験が役に立ちます。それぞれの立場での考え方が理解できますし、相手に対しての説得力が違います。

2. 機動的な行動力

イメージ:機動的な行動力「スピードこそ命」 私達はいつもそう考えて行動しています。

企業を取り巻く情勢は日々変化しており、特に経営健全化が必至の中小企業に於いては例えば「資金繰り目論見の激変」等、緊急行動が求められることもあります。誰が悪いとか、何故把握できなかったのかとか事の発端を議論する前に「どう対処するのか」適切に判断し、そして実際に行動しなければなりません。

弊社の主な営業エリアは関東地方を中心に甲信越地方と東北の一部ですが、そのような場合でも緊急行動が取れるよう、常に5名の経験豊富なスタッフが待機しております。

3. 中小企業にも利用しやすい料金体系

図:料金体系事業再生支援に係る一般的なコンサルティング報酬は、1案件当り1千万円~数千万円を要するケースがほとんどで、中小企業の事業再生がなかなか進まない要因の1つでもあります。

私達は銀行員時代、多額のコンサル費用が負担できない為、事業価値があるにも関わらず事業継続を諦めざるを得なかった事例を幾つも見てきました。

「中小企業でも事業価値があるなら、その再生のお手伝いをしよう」というのが弊社設立の精神です。中小企業の皆様に利用しやすい料金体系を揃えております。

料金体系には一定期間継続する月額報酬型や成功報酬型などがあり、詳しくは面談時に説明いたしますが、弊社で「再生支援」を行っている一般的なお客様の場合、売上規模に応じて10万円~30万円の月額報酬をお願いしています。

なお、月額報酬型は、他社でみられるような手付金等の初期費用は一切発生いたしません。また、契約期間に関わらず、随時解約可能ですので、安心してご相談ください。

また地方に本社を置いていることも低料金の支えになっています。

4. 出口サポート(投資・融資)機能も充実

図:リンクスの「内科的処方」と「外科的処方」事業再生や経営健全化計画を実行して行く段階では「内科的処方」としてのコンサルティング機能と「外科的処方」の組み合わせが必要になってきます。

「外科的処方」とは、経営改善を進めて行くうえでどうしても避けられない経営者や会社周辺にある重要な資産、例えば経営者の自宅や本社事務所・工場等の保全・処分を意味します。経営改善はなったのに社長が借家暮らしでは困るのです。

弊社ではどうしても経営者の自宅を手放さざるを得なくなった場合、ご希望があればご子息等に資金を融資して物件買取を支援する事業も行っておりますし、弊社自らが自宅の買受人となり経営者が物件買戻の体力を備え付けられるまでの一定期間お預かりするという事業も展開しております。

このようなサービスまで行っているコンサルティング会社は少ないと思います。

投融資残高:11先/8,840万円(累積投融資額 188,750万円/2017年7月31日 現在)