slider-back01

新たな価値を創造し

輝きを復活させます

slider-back03

弊社 村上 浩 が 事業再生本を出版!

社長!御社は銀行からまだまだ
おカネを借りられますよ!

破たん懸念先でも融資を受けて再生する方法

そして再び「成長軌道」へ

事業再生の実務家集団「リンクス」

私達は「資金繰りが厳しい中小零細企業でも割安な費用で事業再生を目指せるような異能集団を作ろう!」との趣旨で当社を立ち上げました。当時から中小企業にとって事業再生に係る費用負担は重く、再生の可能性があっても見捨てられるケースが多かったのです。
経営健全化に向けては「内科的処方」たるコンサルティング機能や、場合によっては、債権者にも一定の負担を求める「外科的処方」を活用した事業再生計画が必要になるケースもあります。
私達は事業再生のプロ集団として、このような多種多様なニーズに、ワンストップで経営者をサポートする体制も整えています。私達は豊富な経験と英知、機動力を持って中小企業経営者の悩みを解決するお手伝いをさせて頂きます。断固たる覚悟で事業再生・経営改善を成し遂げ、再び成長軌道を目指しましょう!

リンクスの事業1

事業再生

「内科的処方」だけで事業再生が見込めない場合、「経済合理性」も勘案したうえで、会社分割や事業譲渡(M&A)、更には債権者に一定の負担を求める「債権放棄」前提の再生スキームを企案し実現に向けて利害関係人(ステークホルダー)間を調整、取引先企業が事業再生のスタート台に立てるよう支援いたします。

リンクスの事業2

経営支援

過剰債務や資金繰りに悩む中小企業の事業実態を明らかにし、経営不振や資金繰り逼迫の真の原因を突き止め、問題解決のため生産現場や管理体制を改革・改善していきます。 さらに、取引先企業との支払交渉や金融機関・リース会社等債権者との弁済交渉にも同席し、業績改善への道筋を確実に手繰り寄せるべく支援を続けます。

お知らせ
2016年4月14日 連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第75回」 を掲載しました。
2016年3月10日 連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第74回」 を掲載しました。
2016年1月14日 連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第73回」 を掲載しました。
2015年12月22日 【年末年始休業のお知らせ】12月29日(火)~1月3日(日)まで休業とさせて頂きます。
2015年12月10日 連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第72回」 を掲載しました。
事業再生事例のご紹介
業種別で見る
最新の事例
業種
機械部品製造業
事業規模
年商 2億円
従業員数
20名(パート含)
資本金
1,000万円
業歴
29年
問題点
  • 金融機関からの借入金は年商に相当、赤字が止まらず、仕入債務の支払も通常サイトから2か月遅れ、材料仕入にも事欠く状況
  • 消費税滞納、社会保険料の滞納金額が合計1,000万円を超え、滞納差押も予告
  • 売上金で固定費も賄えない状況が続き、資金繰り破綻の瀬戸際
業種
飲食店
事業規模
年商 8,000万円
従業員数
11名(パート含)
資本金
500万円
業歴
34年
問題点
  • 企業忘年会や歓送迎会、法事客等団体顧客向宴会場を経営。店舗兼自宅の設備投資に2億円を費やしたが、法人客需要の減少により借入金返済に延滞が発生、金融機関からリスケ支援を受けている。
  • 経営者の長男が修行から戻り、厨房を切り盛りできるようになったのを機に経営の代替わりを検討しているが、代表(父親)が持つ1億6,000万円の連帯保証債務の承継がネックとなっている。
  • 年間金利だけで600万円超の負担があり経常赤字が続くが、営業利益は黒字を確保しており、適正債務に落とし込めば事業継続も可能と判定。
業種
土木工事業
事業規模
年商 6億円
従業員数
16名
資本金
500万円
業歴
14年
問題点
  • 戸建住宅の基礎工事専業業者。一部建築設計業者の耐震偽装問題を発端として、建築業界は法的規制が強化されるまでの一定期間、業界が大混乱して建築工事需要が一時的に全面ストップしていた。
  • 当時27名の社員(職人)を抱えていたZ社は、人員整理の遅れから大幅な赤字を計上、資金不足から、銀行への返済も延滞するようになった。
  • 銀行弁済は、リスケ(元金弁済ゼロ)を受け容れて貰い、当面の取引維持を約束但し、リスケの出口が見えない中、リスケも3年を迎えようとしていた。
  • 債務超過、税金滞納、社会保険料も滞納中。
業種
貨物運送業
事業規模
年商 4億円
従業員数
12名
資本金
800万円
業歴
47年
問題点
  • バブル崩壊以降、景気低迷期が長期化、主要顧客である建材メーカー向売上が激減。減車や人員リストラで資金繰りを回して来たが、新倉庫設備投資で調達した銀行借入返済が遅延、数年前に保証協会へ代弁されている。
  • 社長、妻、長男、長男妻の4人が、金融債務の連帯保証人に徴求されている。
  • 車輛の老朽化に伴う修理費の増加と燃料費負担が経営の重荷。低燃費の新車輛を購入したいが、銀行借入不可で車輛の入れ替えが遅れ、高コスト体質が続く。
  • 同業他社から運転手の引き抜きが相次ぎ、結果的に労務費負担が増加している。
スタッフブログ
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス 代表取締役
    独立系の事業再生コンサル会社代表として「現場第一主義」を掲げ、事業再生の第一線で活躍している。株式会社帝国データバンク様が発行する週刊帝国ニュースにて月1回のコラムを執筆中。
村上 浩
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス 代表取締役
    東京事務所長を兼務、多様化する事業再生案件ニーズに抜群の知識と行動力を持って対応している。
渡辺 守康
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス 取締役
    融資審査、企業再生に関する豊富な知識・経験を有しており、金融に関する様々なニーズを持つクライアントの良き相談相手として活躍している。
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス 取締役
    事業法人の多岐に渡る資金調達手段に精通しており、業績向上や事業改善に直面するお客様の良き相談相手として活躍している。
笹口 哲也
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス パートナー/行政書士
    新潟県生まれ、東京都江東区在住。日本の士業界で一番生き残りが厳しいと言われている行政書士として日夜奮闘中。