slider-back01

新たな価値を創造し

輝きを復活させます

slider-back03

弊社 村上 浩 が 事業再生本を出版!

社長!御社は銀行からまだまだ
おカネを借りられますよ!

破たん懸念先でも融資を受けて再生する方法

そして再び「成長軌道」へ

事業再生の実務家集団「リンクス」

私達は「資金繰りが厳しい中小零細企業でも割安な費用で事業再生を目指せるような異能集団を作ろう!」との趣旨で当社を立ち上げました。当時から中小企業にとって事業再生に係る費用負担は重く、再生の可能性があっても見捨てられるケースが多かったのです。
経営健全化に向けては「内科的処方」たるコンサルティング機能や、場合によっては、債権者にも一定の負担を求める「外科的処方」を活用した事業再生計画が必要になるケースもあります。
私達は事業再生のプロ集団として、このような多種多様なニーズに、ワンストップで経営者をサポートする体制も整えています。私達は豊富な経験と英知、機動力を持って中小企業経営者の悩みを解決するお手伝いをさせて頂きます。断固たる覚悟で事業再生・経営改善を成し遂げ、再び成長軌道を目指しましょう!

リンクスの事業1

事業再生

「内科的処方」だけで事業再生が見込めない場合、「経済合理性」も勘案したうえで、会社分割や事業譲渡(M&A)、更には債権者に一定の負担を求める「債権放棄」前提の再生スキームを企案し実現に向けて利害関係人(ステークホルダー)間を調整、取引先企業が事業再生のスタート台に立てるよう支援いたします。

リンクスの事業2

経営支援

過剰債務や資金繰りに悩む中小企業の事業実態を明らかにし、経営不振や資金繰り逼迫の真の原因を突き止め、問題解決のため生産現場や管理体制を改革・改善していきます。 さらに、取引先企業との支払交渉や金融機関・リース会社等債権者との弁済交渉にも同席し、業績改善への道筋を確実に手繰り寄せるべく支援を続けます。

リンクスの事業3

事業承継

中小企業は、株主(オーナー)=経営者の形態になっていることが多く、経営者の「経営手腕」や「リーダーシップ」が、事業会社の存立基盤になっているのが通例です。これら中小企業の後事を「誰に」託して事業を継続させて行くのかという問題は、株主・経営者にとって非常に重要な経営問題であるとも言えます。 「事業引継予定者の決定」「後継者の教育・育成」「社外への事業引継」等々中小企業の事業継続のために、様々なプランを用意して経営者の悩みを解決して行きます。

事業再生ニュース

2018年4月24日事業再生ニュースに「経営会社に対する連帯保証(人)が解除されました!」を掲載しました。
2018年4月5日事業再生ニュースに「自宅の買戻し案件が終了しました!」を掲載しました。
2018年3月3日事業再生ニュースに「民事再生計画案が可決され、再生の一歩を踏み出しました!」を掲載しました。
2017年12月8日事業再生ニュースに「破綻企業の一部債務を連帯保証人が「債務引受」しました!」を掲載しました。
お知らせ
2018年7月16日連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第90回」 を掲載しました。
2018年5月17日連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第89回」 を掲載しました。
2018年3月8日連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第88回」 を掲載しました。
2018年1月18日連載コラム 「リンクスの事業再生現場レポート 第87回」 を掲載しました。
2017年12月27日事業再生事例とお客様の声 「26. 資金繰り改善から着手し黒字転換した事業再生事例」 を掲載しました。
事業再生事例のご紹介
最新の事例
業種
飲食業
事業規模
年商 4億円
従業員数
45名
資本金
1000万円
業歴
9年
問題点
  • 飲食業で創業9年、店舗展開に伴って金融機関からの借入急増中
  • 事業拡大を目指し更なる店舗展開を目標としているが、銀行審査が厳しさを増している
  • 店舗数増加に伴い人件費・物件費増加し運転資金需要も急増、返済のための借入が日常化、資金繰りが多忙
  • 不採算店舗撤退時の資産除去損が決算の赤字要因となっている
  • 店舗設備の減価償却不足を勘案すると「実質債務超過先」
業種
機械部品製造業
事業規模
年商 2億円
従業員数
20名(パート含)
資本金
1,000万円
業歴
29年
問題点
  • 金融機関からの借入金は年商に相当、赤字が止まらず、仕入債務の支払も通常サイトから2か月遅れ、材料仕入にも事欠く状況
  • 消費税滞納、社会保険料の滞納金額が合計1,000万円を超え、滞納差押も予告
  • 売上金で固定費も賄えない状況が続き、資金繰り破綻の瀬戸際
業種
土木工事業
事業規模
年商 6億円
従業員数
16名
資本金
500万円
業歴
14年
問題点
  • 戸建住宅の基礎工事専業業者。一部建築設計業者の耐震偽装問題を発端として、建築業界は法的規制が強化されるまでの一定期間、業界が大混乱して建築工事需要が一時的に全面ストップしていた。
  • 当時27名の社員(職人)を抱えていたZ社は、人員整理の遅れから大幅な赤字を計上、資金不足から、銀行への返済も延滞するようになった。
  • 銀行弁済は、リスケ(元金弁済ゼロ)を受け容れて貰い、当面の取引維持を約束但し、リスケの出口が見えない中、リスケも3年を迎えようとしていた。
  • 債務超過、税金滞納、社会保険料も滞納中。
業種
機械部品製造業
事業規模
年商 7億円
従業員数
28名
資本金
2,000万円
業歴
22年
問題点
  • 機械部品製造業で、メーカー製品のモデルチェンジ毎の金型投資やコストダウン目的の設備投資に莫大な資金を要する業態で、借入過多に陥っている。
  • リーマンショック後、巨額の赤字計上が続き「債務超過」に転落、連続赤字、リスケ実施で「破綻懸念先」に格付。
  • 取引銀行は政府系含め4行体制でX社の資金繰りを支えているが、リーマンショック後の売上急減時期に、全行リスケを実施、以降リスケ継続が続くが、リスケの出口が見えない状況。
  • リスケ当初は消費税や社保料が滞納していた(現在は完納)。
スタッフブログ
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス 代表取締役
    東京事務所長を兼務、多様化する事業再生案件ニーズに抜群の知識と行動力を持って対応している。
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス 取締役
    事業法人の多岐に渡る資金調達手段に精通しており、業績向上や事業改善に直面するお客様の良き相談相手として活躍している。
笹口 哲也
  • プロフィール
  • 株式会社リンクス パートナー/行政書士
    新潟県生まれ、東京都江東区在住。日本の士業界で一番生き残りが厳しいと言われている行政書士として日夜奮闘中。