山翡翠の詩

ザギン再び…

いやぁ~、昨日はハードだったなぁ…。

朝一始発の新幹線に飛び乗って東京に到着したのが、7時20分。

異業種交流会のミーティング(やりました! 見事豪華景品をゲット!! 詳細は http://bni-metropolitan.com/で)を終え東京事務所に向かった後、クライアント社長との打合せを終えてから、夕方には神田に出没。

目的は、神田で特許事務所を経営しているBNIメンバーの伊藤弁理士と12/25に予定されている他己(者)紹介に向けての勉強会です。

ここまでは予定通りで、伊藤先生から「今日はこれからどうするの?」との問いに「いやぁ、先生の事務所に初めてお邪魔して真っ直ぐ(家に)帰ろうなんて考えてません!」と、つい強気の答え。

弁理士の伊藤先生は「本場」新潟出身の酒豪で「おチャケ」大好きなおじ様、ですから他己紹介のミーティングもお互いがゆっくり時間を取れる夕方に設定していたのでした。

私は、神田周辺の「居酒屋」さんで帰りがけに一杯!と思っていたのですが、さにあらず…。

タクシーに乗せられて高層ビル群を抜けると、そこは…(笑

伊藤先生なじみのオシャレなバーで、店内に入ると、いきなり両手で抱えきれないくらい大量の黄色いバラの花がドーン!!

うわっ、さすがやねぇ。 それにマスターがムードいっぱいにピアノを弾き語り♪

ご挨拶頂いたママさんと談笑しながら、伊藤先生が丹精込めて育て上げた、大根の炊き合わせや水菜サラダ等も頂戴しました。

美味しいお酒とお料理もさることながら、野菜の育て方や宗教、宗派の違いなど、今まで耳にしていたけど知らない事をたくさん教えて頂きました。(伊藤先生ごちそうさまでした&有難うございました)

池上彰さんの「そうだったのか」シリーズが有名ですが、伊藤高英弁理士の「そうだったのか」シリーズもあっても良いかも、と思わずうなづく事の多い、収穫の一夜でした。

そういえば、ザギンと言えば10数年振り。 確か前回はサラリーマン時代に関連会社の社長に連れられて豪遊した時以来ですよ(笑

次回ザギンで呑めるのは??? 10年後かなぁ。 どうかなぁ? 

あっ、すみません。そんなくだらない事考えていないでちゃんと働けってか!

 



コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です