山翡翠の詩

まさかの敗戦・ラグビー日本選手権

やり難かったに違いない…

昨日行われたラグビー日本選手権の一回戦で、NECが帝京大にまさかの敗北。

社会人が学生に「勝ってアタリマエ」と見られる中で、学生さん相手に本気でタックルする訳にも行かず、NECの選手達にすれば非常にやりづらい試合だったと思う。

とは言え、学生がトップリーグに所属する社会人チームに勝ったのは、2005年の早大以来の出来事だそうで、「快挙」であることには違いない。

2019年にはラグビーW杯が、日本で行われる予定です。

「社会人が学生に負けた!!」でも何でも良いので、ラグビーに対する世間の耳目を集めたいというのが、日本協会の思惑でもあろうと思う。

帝京大の次の対戦相手は、重量フォワードの実力者・東芝府中。

学生の活きのよいラグビーが、何処までトップチームに通用するのか、少し楽しみが増えました!(^^)!

(でも本気でやられたらボロ負けだよね~♪)

 

 

 

 



コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です