山翡翠の詩

サッカー女子W杯開幕!!

お早うございます。

表題のとおりサッカー女子W杯が始まり、昨日は日本代表が初戦のスイス戦に臨み、1-0の辛勝ながら何とか勝ち点3をゲットすることができました。

夕べ家に帰ってVTRを観たのですが、得点シーン前後こそボールを保持していた日本チームでしたが、前後半試合時間の大半をスイスチームに支配され、内容的には非常に苦しい試合だったと思います。

これで日本がFIFAランク4位なワケ??? 何度も思いました。

対するスイスの方が、ダイナミックなドリブルやサイドチェンジパスを繰り出し、ゴール前での決定的なシーンを演出する等、「どっちがランク上位なの?」と思わずにはいられませんでした…。

特にスイスの10番バッハマン選手の5人抜きドリブルは圧巻でした!!

メキシコW杯のマラドーナ選手を思い出してしまいました(残念ながらバッハマンはゴールを決められはしませんでしたが…)

欧州チームに対して体格差だけではない、何か前回大会とは違う「勢いのなさ」を日本チームに感じてしまうのは私だけでしょうか?

それだけ相手チームに研究されているということか?

或いは決勝トーナメントに体力のピークを持って行く戦略なのか?

「不振」と言えないまでも、何か戦い方がしっくり来ないというか…

実力はあると聞いていても、スイス代表はFIFAランク19位だそうです。

日本代表の活躍を期待しつつも、前回のような快進撃&奇蹟が再現されるのか、二匹目のドジョウはやはり居ないのか、神のみぞ知る…答えは数週間後ですね!(^^)!

取り敢えずTV観戦を楽しもうと思います!!

 



コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です