山翡翠の詩

「私の履歴書」のジンクス?

ブログネタを捜してネットをふらふらしていたら、面白そうな記事をみつけました。

産経新聞に掲載された記事です。(27.09.17)

同紙によると、岡三証券の企業調査部が作成したリポートを取り上げています。

同リポートによると、日本経済新聞が著名人(政治家、財界人、文化・芸能人等々)の生い立ちから、成功した現在に至るまでの軌跡を著した、「私の履歴書」に登場した経営者の出身企業(上場企業)の業績を調査したところ、同コラム掲載後のROE(代表的な経営効率指標=自己資本利益率)が、掲載前を下回る企業が続出しているのだそうです。

その要因についても同リポートは分析していますが、本当のところは分からないそうです。

曰く「日経新聞の“私の履歴書”に登場するような企業経営者なら、業績好調で不祥事の無い優良企業であることが要求される。業績好調時に同コラムに登場しても、景気動向には循環があり波もあることから、好況の後業績が下振れして行くのではないか…」と。

「私の履歴書」と言えば、日本経済新聞の「看板コラム」であり、これを目的(楽しみ)に日経新聞を購読している人も多いと思います。(私もこれを楽しみに、欠かさず目を通します)

このリポートは投資家向けだそうですが、一部の上場企業経営者には、掲載後の業績悪化ジンクスを懸念して、「私の履歴書」への寄稿に尻込みする方も居るとか居ないとか…。

先人達の苦闘や経験値を若い世代に伝承して行くツールとして、「私の履歴書」は、単に日経新聞の看板コラムを超えた存在だと、私は見ています。

変なジンクスに惑わされず、これからも楽しい記事が続くことを切に願っています。

 

 



コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です