山翡翠の詩

厳しくなった百名山への道…

お早うございます。

早くも9月最終週に突入しました。

昨日は十五夜で、見事なお月様を拝むことができましたが、実は満月ではなかったようです。満月は、今夜の予定だそうで、しかも「スーパームーン」と言って、今夜の満月は一段と“大ぶり”に見えるのだとか。

是非、美しい月を拝見したいものです!(^^)!

 

話は変わりますが、10月の女峰山登山を前に「足慣らし」と言うことで、この週末は那須の大倉山か奥日光の金精山周辺の散策を計画していました。ですが、土日とも生憎の曇天でいつ雨が降り出すか分からないお天気です。おまけに金曜日にも雨が降っていたこともあり、足元も不安です。膝に不安のある相方も、4~5時間かかる山行には大反対です。

仕方がないので、未だ未踏破且つ近くで低山「鶏岳(にわとりだけ・667m)」と「羽黒山(はぐろさん・458m」で、足の鍛錬を思いつきました。

朝の7:30には鶏岳の登山口に着いて準備が整いましたので、「今日は2座を稼げるな」と皮算用していましたが…。大変な事態になりました。

山ヒルに襲われたのです(((^^;)

初めてでビックリしましたが、山ヒルを初めて見たという家内も、意思をもって登山靴を這う山ヒルに血の気が引いた私も、脱兎の如く登山道を後戻り…

著しくモチベーションが落ちたこともあり、羽黒山もその場で断念!

気持ちを入れ替えて、女峰山登山口となる「志津峠」の下見に出発したのですが、裏男体林道は途中で通行止め(ToT)

先日の集中豪雨の影響か、がけ崩れが起こったのか???

志津峠まで行けないと、女峰山登山口までエライ大変なことに…。

せっかくのベストシーズンを控え、女峰山チャレンジに黄信号が。

栃木百名山の先行きに暗雲が…。

 



コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です