山翡翠の詩

受験生応援ママに嵌ったぁ

お早うございます。

今朝は「やっちまった」ネタです(ToT)

8時半前には事務所を出なければならないので、今朝は少し早めに自宅を出て来ました。

ところが、道路事情が変です!?

いつもならスイスイ流れる場所が、数百メートル先まで渋滞しているのです。

あれっ!?

えーっいっ、それじゃあ裏道からいっちゃおう!!

結果的には、この選択が誤りでした(ToT)

普段は車の通りなど殆ど無い裏通りも、車の列が「ずらーっ」と続いています。

ありゃりゃらら…

考え着いたのは、この時期、例年私立高校の受験が行われることでした。

弊社の周りは、宇都宮市内でも有力な私立高校が4校もあります。

今年は、今日までその受験時の「応援ママカー」による受験ラッシュに遭わずに済んでいて、つい油断していました。

本来、会社に続く道路が、いつもより混雑しているのを感じた段階で認識すべきだったのです。

ですが、渋滞に巻き込まれ、「あーっ、そうだったのか」と思いついた時点では、もう「後の祭り」です。

そこからママの慎重な運転と学校関係者の不慣れな誘導に翻弄され、いつもより20分も余計に時間をロスし、先ほど会社に辿り着いた、そんなコトの次第でした。

さぁ、そろそろ出掛けないと…。

またボヤキから一日が始まってしまいました(笑)

 



コメント

※コメントは承認制となっております。承認されるまで表示されませんのでご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です