事業再生の現場から

金融用語の解説 メイン寄せとは…

お早うございます。春に向けて、このところ「三寒四温」が続いています。スギ花粉もだいぶキツくなって来ました(>-<)毎年の事ですが、この季節は「忍」の一字… とにかく耐えないと… 先週の事ですが、この …続きを読む

資金調達…結論がでました!

久し振りにブログを更新します… 取引先社長の自宅を弊社がいったんお預かりする(将来的には関係者に買い戻していただく)案件を進めるため、今月に入って、新たな銀行窓口開拓を模索していました(題名「資金調達に四苦八苦 …続きを読む

時効援用の効果

以前にもブログで紹介した事がありますが、借り手(事業者・消費者)が貸し手(金融機関である事が多いと思います)と借入契約(金銭消費貸借契約)を締結して、金銭を借入した後、何らかの事情があって「弁済不能」に陥ったとします。借 …続きを読む

名門・東芝の解体

お早うございます。久々宇都宮の事務所にいます。今日の話題は、ズバリ「東芝の解体」です。 損失隠しが続き、株価も急落、市場からの信任を失った感のある同社でしたが、それでも「経団連会長」を輩出する等、電機業界に留ま …続きを読む

資金調達に四苦八苦…②

前回に続き…弊社の資金調達については、銀行さんの来訪が続き、そのうち色よい返事でもあれば…と「待ちの姿勢」で良いのですが、取引先に関してはそんな訳にも行きません。言わば「企業の生死を左右する」資金の問題であり、確実に資金 …続きを読む